春は引っ越しのシーズン

「瑛利奈の山手タロット館」の玄関横に春になるとチューリップの花が咲くようになりました。過去の写真を見てみると、これが毎年まったく同じ時期に咲くのです。そして花の数は一年ごとにひとつずつ増えてゆく…。

春の引っ越ですが、「タロット館」もいまお引っ越し中です。お引っ越しといっても、こちらはサーバの移転です。これは内部のことなので、実は…アクセスされるみなさんはまったく何も気付かないうちに引っ越しが完了するのが理想的なのですが…。ただ。私の方は毎日ファイルの移動やcgiなどの簡単なプログラムも動かさなければならず、なかなか大変です。現在は新しいサーバの方にもうひとつの「瑛利奈の山手タロット館」を構築中です。とりあえず、いまは「瑛利奈の山手タロット館」が新旧ふたつあり、ふたつの、「タロット館」がまったく相似形になってきています。このふたつの世界の中をいつもチェックしながら歩いている私は…さしずめパラレルワールドに迷い込んだかのような錯覚に囚われます。ミスを捜して、訂正して、アップロードしたけれども「全然直っていないじゃないか!」と思ったら、違う方のファイルをアップしていた…などということは日常茶飯事という状態です。(笑) 移転のさなか、このブログもずい分更新していないなと思いつつ、記事は書かずにファイルだけいじっている毎日でした。(笑)早くみなさまに快適にサイトを閲覧して頂ける日が来るといいのですが…。

また、よく引っ越しの途中で自分の本を読み耽ってしまうという笑い話がありますが、私もご多分に漏れず?さらに悪いかな?年明けに際して書いた「平成30年は何枚目のタロット?」の中の「2018年は『NO8. 正義』の年」という予想は株価調整といい、安倍政権が追い詰められる状況といい、「現実になってきたな」と、我ながら感心しています。(笑) しかし、タロットが一周して二回目を迎えた『NO8. 正義』も、明後日29日(木)に訪れる太陽&土星がスクエアという鉄拳も、私達国民、ひいてはこの世界にとってよかれと思って見せるタロットや惑星の「厳しい顔」なのです。『正義』に与えられた数、「NO8」も土星のナンバーですから、「影に土星アリ」なのです。土星は肉眼で見ることができるいちばん遠い惑星です。そして太陽系の創生期から外部の宇宙から飛び込んでくる彗星や隕石などを撥ね除けて、地球を守ってくれた惑星。私達にとって守り神ともいえる惑星です。この土星の力を信じて、この平成30年がどのような結末を迎えるのか?しっかりと観ていきたいものです。

瑛利奈

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です